カテゴリ:未分類( 73 )

 東京都大田区羽田空港2の京急電鉄「国際ターミナル駅(仮称)」の新設工事現場が燃えた27日の火災は、工事用の照明器具がショートして出火した可能性があることが警視庁東京空港署の調べで分かった。

 同署と京急電鉄によると、出火したのは地上3階地下2階建ての駅ビルの1階。作業員が工事用の照明器具のスイッチを入れた直後に火花が散り、天井の断熱材に燃え移ったという。1階部分約390平方メートルを焼いた。滑走路は約2キロ離れており、飛行機の離着陸に影響はなかった。

【関連ニュース】
火災:建設中の新駅焼く 羽田空港
姫路爆発事故:支管3カ所で可燃性ガスを検知 現場検証で
火災:駐車場で車炎上…中に2人の焼死体 札幌の清掃工場
爆発:ごみ処理施設の建設現場で1人重体、4人重傷 姫路
火災:興人工場の倉庫から黒煙と炎 熊本県八代市

女性駅員に下半身露出 東京消防庁副士長を逮捕(産経新聞)
上野駅で線路に会社員突き落とす 殺人未遂容疑で男逮捕(産経新聞)
中井氏の女性問題 直嶋経産相が不祥事嘆く(産経新聞)
郵政法案骨子で原口総務相「混乱と思わない」(産経新聞)
<囲碁>ジュニア本因坊戦開幕(毎日新聞)
[PR]
by 2nt4ennywj | 2010-04-02 20:13
 「大都会」などで知られるバンド「クリスタルキング」メンバーの吉崎勝正さん(低音部担当)が、元メンバーの田中昌之さん(高音部担当)が「解散した」とテレビで虚偽発言したとして、1000万円の賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は26日、請求を棄却した。大鷹一郎裁判長は「虚偽発言で活動の信用が損なわれた」として不正競争行為を認めたが、不法行為から3年で損害賠償請求権が消滅する時効が成立していると判断した。

 判決によると、2人は大都会でツインボーカルを務め、97年に田中さんが脱退。吉崎さんはメンバーとして活動を続けていたのに田中さんが98年、二つのテレビ番組で「残念ながら解散した」と発言した。【伊藤一郎】

<国民年金詐取>弘道会系組長ら再逮捕 犯罪収益等収受容疑(毎日新聞)
<チューリップ>700本が倒される…大阪・鶴見緑地(毎日新聞)
ギョーザ中毒事件で容疑者逮捕 中国当局、北京大使館にも連絡(産経新聞)
<サケ>石狩川支流で50万尾の稚魚放流(毎日新聞)
「北野をどり」きょう開幕(産経新聞)
[PR]
by 2nt4ennywj | 2010-03-31 11:02
 今夏の参院選で秋田選挙区(改選数1)から自民党公認で出馬する元プロ野球選手の石井浩郎氏(45)=秋田県八郎潟町出身=が21日、吹雪の中で街頭演説デビューした。事前告知がほとんどなかったせいか、みぞれが降りしきる中で行った初っぱなの潟上市での演説は、聴衆わずか8人。元4番打者としては寂しいデビュー戦となったが、地域への企業誘致、スポーツ振興を、かじかむ手でマイクを握りしめて訴えかけた。

 球界で幾多の修羅場をくぐってきた石井氏にふさわしい、吹雪の街頭デビューになった。

 午前中に大曲で予定していた街頭演説は、悪天のため中止。デビュー戦となったのは故郷・八郎潟町に隣接する潟上市の大型スーパーマーケット前。吹雪の中で訴えかける男性が、地元出身の花形アスリートだったことに気付いた人はわずかだった。それでもかまわず訴えかけた。「元気のない秋田をどうにかしたいという一心で出馬を決めました。国の職責をしっかり果たした上で、皆さんの声をしっかり聞きながら秋田のために尽くします!」。ぶっつけ本番の初の演説は約2分と短かったが、滑舌はよかった。
夕方には40人 夕方はJR秋田駅前で2度目の演説。ボタン雪が頭上と肩に降り積もる中で、熱弁を振るった。スーツはシャーベット漬けのようにグショグショになったが、道行く人々約40人と握手を交わした。

 秋田新幹線「こまち」のダイヤも乱れたこの日を、元4番打者は「プロ野球のデビュー戦同様、一生忘れることはないでしょう」と振り返った。

 事前告知なしでの街頭デビュー戦は、主催の自民党青年局員、女性局員以外は秋田県連関係者のみ。秋田県連関係者は「元高校球児の小泉進次郎衆院議員が応援に来てくれれば盛り上がりも違ったと思うのですが…」と残念がった。“客寄せパンダ”を自認して全国行脚中の進次郎氏はこの日、地元横須賀で先約があり、秋田入りはできなかった。

 だが、石井氏には「これだけ寒い中でも足を止めて聞き、握手をしてくださる方がいた。野球時代は自分や球団のため、でしたが、これからはいかに国のため、人のためになれるかです」と援軍に頼らず、どぶ板選挙も辞さない構え。元スター選手のおごりは、みじんも感じさせなかった。

 【関連記事】
春の大雪、列島大荒れ…青森・八戸市で積雪61センチ
進次郎氏保育園視察「子供欲しくなった」
「私を論破してください」進次郎節さく裂
藤川優里市議、うますぎる演説!?大島幹事長も絶賛、“ゆり節”で絶叫
秋田選挙区 石井浩郎 八郎潟町 を調べる

地下鉄サリン事件15年、遺族や関係者が献花(読売新聞)
目薬の使用法、大半が間違い(産経新聞)
<火災>興人工場の倉庫から黒煙と炎 熊本県八代市(毎日新聞)
国からの民間派遣137人=10年間の交流実績報告−人事院(時事通信)
DV夫をパトカー20台とヘリで追跡・逮捕(読売新聞)
[PR]
by 2nt4ennywj | 2010-03-29 10:37
 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)が、同市の県立鶴翔高の生徒指導に異議を唱え、あべ松(まつ)和成校長に「(指導を)変更しないならブログやメディアに出す」と迫っていたことがわかった。(「あべ松」の「あべ」は木へんに青)

 校長によると、同校は今年2月、校内のトイレでたばこを吸うなどしていた複数の生徒のうち、喫煙を認めた生徒を処分した。運動部所属の男子生徒は「自分は吸ってない」と主張したが、「周囲の喫煙を黙認した」として、今月下旬から始まる大会への出場禁止を命じた。

 今月18日になって、同校に竹原市長名で「鶴翔高校校長の問題について(お願い)」とする県知事あての文書がファクスで届いた。校長が電話で市教委に説明を求めると、竹原市長が代わり、喫煙を否定した生徒を出場禁止にすることはおかしいと主張。「出場禁止を変更するのか、しないのか」と話し、応じなければ自分のブログへの掲載やメディアへの情報提供をすると迫った。校長は「出してもらっても構わない」と返答した。生徒指導に介入してきた理由は不明という。

 同校長は「出場させたい気持ちは分かるが、学校の規則に基づき、過去にも同様のケースで出場を禁止した。今回だけ特別というわけにはいかない。市長が関与してくる話ではないはず」と当惑している。

春の嵐、けが人や交通の乱れ=低気圧が日本海北上、黄砂も−千葉で瞬間38メートル(時事通信)
「いいものある」と中学生に大麻=35歳男を逮捕−神奈川県警(時事通信)
「学童保育」の新しい形 デイケアと統合や進学塾と連携(産経新聞)
<火振り神事>炎の輪、浮かぶ 阿蘇神社(毎日新聞)
政権に一層の打撃=小林議員進退、再燃も(時事通信)
[PR]
by 2nt4ennywj | 2010-03-26 22:02
 坂田記念ジャーナリズム振興財団(川島慶雄理事長)は19日、関西を拠点にした優れた報道に贈る第17回(09年度)坂田記念ジャーナリズム賞の受賞者を発表した。第1部門(スクープ・企画報道)の新聞の部で、毎日新聞大阪本社編集局取材班(代表、関野正・社会部副部長)の「点字の父・ブライユ生誕200年にちなんだ点字と視覚障害者に関する一連のキャンペーン」が選ばれた。

 取材班は、「点字の父」と称される仏のルイ・ブライユの生誕200年に当たる09年、視覚障害者を取り巻く問題についてキャンペーンに取り組んだ。6部の連載を展開し、点字受験を門前払いした大阪市保育士採用試験を巡る特報では、同市が方針を撤回した。

 表彰式は24日午後3時、大阪市北区のクラブ関西。その他の受賞者は次の通り。

 【第1部門新聞】読売新聞大阪本社社会部・佐々木栄記者=連載「約束〜若年性乳がんを生きて」「続・約束〜乳がんと闘って」の報道

 【同放送】朝日放送取材班=ドキュメンタリー・スペシャル「悲劇の楽園〜北朝鮮帰国事業、50年目の真実」▽NHK奈良、大阪放送局取材班=クローズアップ現代「貧困狙う“闇の病院”」

 【第2部門(国際交流・貢献)新聞】朝日新聞大阪本社取材班=長期連載企画「写真が語る戦争」

 【同放送】関西テレビ取材班=ザ・ドキュメント「父の国 母の国−ある残留孤児の66年−」

【関連ニュース】
阿久根市長:毎日新聞など5社を名指し批判 議会出席拒否
毎日新聞社:新潟日報社に印刷委託 安定輸送を実現
びわ湖毎日マラソン:佐藤が健闘2位 優勝はツェガエ
びわ湖毎日マラソン:ツェガエが逃げ切りV 佐藤をかわし
びわ湖毎日マラソン:清水兄弟らが抱負 7日午後に号砲

公示地価 99%で下落 2年連続マイナス 九州の上昇地点ゼロ 2010年 2万7410地点(西日本新聞)
風で足場倒れ電柱直撃、200世帯が停電…京都(読売新聞)
出資法事件で逮捕状の邦人拘束=入管法違反容疑−タイ当局(時事通信)
<普天間移設>「日米交渉は岡田氏が主役」防衛相(毎日新聞)
DPC新係数に5.6倍の開き−厚労省が告示(医療介護CBニュース)
[PR]
by 2nt4ennywj | 2010-03-24 22:06
 郵便不正事件に絡み、偽の障害者団体証明書を発行したとして虚偽有印公文書作成などの罪に問われた厚生労働省元局長・村木厚子被告(54)の公判が18日、大阪地裁で開かれ、自称障害者団体「凛(りん)の会」元会長・倉沢邦夫被告(74)を取り調べた大阪地検の坂口英雄副検事が証人出廷した。

 坂口副検事は「調書の作文や脅迫はしていない」などと、取り調べの正当性を主張した。

 倉沢被告は2004年5月中旬、厚労省に赴き、村木被告に「凛の会の刊行物を認可しても大丈夫」と日本郵政公社に電話をかけてもらい、6月上旬に厚労省で村木被告から証明書を受け取ったと供述していたが、先月に行われた証人尋問では、電話をかけてもらったことなどを否定している。

 この日の公判で、坂口副検事は、「倉沢被告が逮捕3日後、自ら『厚労省の女性課長(村木被告)に証明書発行をお願いした』と供述した」などと証言した。供述の一部が揺らぐことがあったが、「証明書を村木被告から受け取ったことは一貫していた」と述べた。

 さらに坂口副検事は「(取り調べ中に)机をたたいたことは数回あった」と認めたが、「最後の取り調べの時、倉沢被告が深々とお辞儀したのが印象に残っている」などと証言した。

 検察側が取り調べ時に作成したメモ類を廃棄していた問題については「供述調書ができた後に廃棄した。倉沢被告のプライバシーに関することが書かれており、保管すべきではないと判断した」とした。

52歳小学教諭が卒業式練習で暴言「6年生は粗大ゴミ」(スポーツ報知)
死亡補償金は最大3300万円=新型ワクチンの副作用救済−厚労省(時事通信)
桃鉄キャラ無断使用 風俗店や経営者を書類送検(産経新聞)
今も癒えぬ傷…秋葉原殺傷公判で被害者証言(読売新聞)
<福岡市>「観光資源」「邪魔」…天神を彩る観光資源「屋台」どうする? 新組織で協議へ(毎日新聞)
[PR]
by 2nt4ennywj | 2010-03-20 16:35
 菅直人副総理兼財務相は17日の参院予算委員会で、消費税率引き上げの景気への影響について「駆け込み需要が出て、(増税後に)どんと需要が減るが、ある長さをとると中立的ではないか」と述べ、影響は少ないとの見方を示した。下田敦子氏(民主)への答弁。
 菅財務相は消費税の社会保障目的税化を念頭に、「(税収の)使い方によっては介護分野などの雇用やサービス生産につながる」と指摘。さらに、「逆進性の問題などを含め、景気、経済に対する影響についても冷静に議論することが必要だ」と述べ、食料品の税率軽減や給付付き税額控除の導入などで低所得層の生活や個人消費に配慮する考えを強調した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

切手偽造で会社役員逮捕=「手作りで1枚1時間」−大阪府警(時事通信)
鳩山首相、日米合意案容認「そんな事実まったくない」(産経新聞)
現代の傾奇者集う 武蔵野市・月窓寺(産経新聞)
携帯電話から全国約600,000件の賃貸マンション・賃貸アパート等の物件情報を検索・比較・お問い合わせが可能な、検索ボックステンプレート「お部屋サーチ」提供可能に。
<千葉大生殺害>竪山容疑者を強殺罪で追起訴(毎日新聞)
[PR]
by 2nt4ennywj | 2010-03-18 19:19
 10日の日本列島は、青森県八戸市で1日当たりの降雪量としては史上最高の61センチを記録し、宮崎市でも3月としては9年ぶりに降雪を観測するなど、前日に引き続いて各地で強風と降雪に見舞われた。

 その一方、高知市ではサクラ(ソメイヨシノ)の開花が平年より13日早く発表された。3月10日にソメイヨシノの開花が発表されるのは史上最速タイ。

 低気圧はさらに発達しながら北北東に進み、11日も午前中は東北や北海道など広い範囲で大雪や強風が予想されている。

 読売新聞の集計では、9日夜から10日午後9時までに、少なくとも転倒やスリップ事故などで東日本を中心に221人が負傷した。

 空の便も仙台や福岡空港などで発着便の欠航が相次ぎ、日本航空で42便が、全日空でも48便が欠航、計約8000人に影響が出た。鉄道も青森、岩手、秋田県など東北地方を中心に一部の路線で運休や遅れが出た。JR東日本によると、秋田新幹線が盛岡―秋田駅間で4本運休した。

 気象庁によると、11日明け方までに予想される最大風速は、北海道の太平洋側で20メートル、北陸で17メートル、西日本で15メートル。同日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、北海道と北陸で40センチ、近畿北部や山陰などで30センチとなっている。

19歳男子学生、飲酒後死亡=ラグビー部送別会で−佐賀大学(時事通信)
<肥満>そんなにデブは悪いのか!? 「太めが長生き」統計も(毎日新聞)
東宮大夫「愛子さま、依然ご不安感」(産経新聞)
<自殺>硫化水素で女性 5世帯一時避難 松戸のマンション(毎日新聞)
米、スウェーデン折衷型社会を=日本の将来で提言−内閣府の研究機構(時事通信)
[PR]
by 2nt4ennywj | 2010-03-17 04:41
 自民党の与謝野馨元財務相が谷垣禎一総裁ら党執行部の一新を求め、新党結成を検討していることが明らかになったことにより、党内で「谷垣降ろし」の動きが強まることは避けられなくなった。ただ、反執行部の動きは必ずしも一枚岩ではないうえ、昨年の「麻生降ろし」が衆院選大敗の一因になったとの見方も党内には多い。当面は反執行部の動きが一本化するかどうかが焦点だ。(今堀守通)

 「あれではだめだ」

 与謝野氏は2月19日昼、東京・紀尾井町の中国料理店で開かれた鳩山邦夫元総務相、園田博之幹事長代理との会談の席上、谷垣氏が党首討論で鳩山由紀夫首相に辞任を迫らなかったことに強い不満を示した。邦夫氏も同調したという。

 2月12日の衆院予算委員会で、鳩山由紀夫首相を「平成の脱税王」と追及したころから、与謝野氏は新党結成にかねてから積極的な邦夫氏と連携を取るようになってきた。

 与党時代に作った勉強会「正しいことを考え実行する会」も再開。週1回の割合で開く会合には十数人が参加している。

 当初与謝野氏は自民党敗北の可能性が十分ある参院選後が行動を起こす時期だとみていた。それが谷垣氏の「党首討論でのふがいなさ」(与謝野氏周辺)に失望し、参院で民主党を過半数割れに追い込む手だてが必要との思いになったという。その結果、参院選前に第3極となる新党結成の検討も必要だとの考えに発展した。与謝野氏周辺は「大型連休(GW)明けがポイント」とみている。

 ここにきて、自民党内の執行部批判も盛んになっている。

 舛添要一前厚生労働相は1日、低迷する自民党支持率を踏まえ「党内の賢明な政治家が、谷垣氏に辞任を促す方向に行くだろう」と発言した。河野太郎衆院議員も4日、審議拒否戦術をとった党幹部の辞任を訴えるとともに、「自民党と民主党の中堅、若手が新党を作ろうという動きが出るのが、日本の将来のために一番いい」と政界再編にも言及した。

 ただ、財政政策では安定財源の確保を重視する与謝野氏と、行政の無駄排除の徹底を掲げる河野氏とでは異なる。舛添氏を会長とする「経済戦略研究会」が検討課題に挙げた郵政民営化に邦夫氏が異を唱えたこともあるなど、反執行部の結集は容易ではない。

 一方、執行部は反対勢力の動きに神経をとがらせている。

 田野瀬良太郎総務会長は5日の記者会見で「麻生政権時代の鮮明な記憶の代表格が『麻生降ろし』だ。党内が一致結束して前に進まなくてはいけないときに大混乱を起こしているあのさまが、まだ国民に残っている」と、反執行部の動きを牽制(けんせい)した。

 参院執行部は3日に始まった参院予算委員会で党筆頭理事の舛添氏に質問機会を与えなかった。同日夜にあった党幹部の会合では、参院側から舛添氏に対し「決然たる対応で臨む」との発言があったという。

【関連記事】
与謝野元財務相、新党視野 党執行部の刷新迫る
自民で「派閥の衰退」が顕著に 代わって「勉強会」が花盛り
自民・石破氏「総裁代える議論すべきでない」
自民・舛添氏「翻訳で行き違い」 谷垣総裁進退言及で釈明
自民執行部は「谷垣おろし」の火消しに躍起 舛添氏は今日も批判
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

郵政正社員の待遇変えず=亀井担当相(時事通信)
<不法残留外国人>21年ぶり10万人割れ 水際対策が奏功(毎日新聞)
東京スカイツリー 高さ半分 はや観光名所(毎日新聞)
<雑記帳>自腹で運転士に いすみ鉄道が募集(毎日新聞)
「たまたま死ななかっただけ」腎臓摘出した被害者の女性 秋葉原殺傷(産経新聞)
[PR]
by 2nt4ennywj | 2010-03-13 03:16
by 2nt4ennywj | 2010-03-11 05:13