日本語研修の実態調査へ=インドネシア介護士受け入れで−厚労省(時事通信)

 厚生労働省は29日、経済連携協定(EPA)に基づき2008年度にインドネシアから介護福祉士候補者を受け入れた日本の特別養護老人ホームなど53施設に対し、日本語研修などの実態調査を行うことを明らかにした。候補者の日本語能力や業務内容、受け入れ目的が達成されているかどうかなどの質問項目に、来月中旬をめどに回答してもらう。 

【関連ニュース】
外国人介護士、受け入れ拡充を=技術者の定住促進も提言
岡田外相、外国人看護師雇用へ試験改善=難解な漢字、合格阻む
対北、連携を確認=日韓外相が会談
EU大統領、4月に初来日=貿易交渉は厳しい局面も
核廃絶へ協力=アフガン支援も連携

幻想的に「節分万燈籠」 奈良・春日大社(産経新聞)
業務上横領容疑で司法書士逮捕=依頼者の過払い利息返還金−富山県警(時事通信)
連続不審死 「セレブ生活」貯金ゼロ…木嶋容疑者(毎日新聞)
<岐阜市長選>告示 無所属の4人が立候補 2月7日投開票(毎日新聞)
【中医協】NICUの退院調整加算など新設(医療介護CBニュース)
[PR]
by 2nt4ennywj | 2010-02-05 11:29