<荷崩れ>トレーラーの生サバ、路上に散乱 大分自動車道(毎日新聞)

 18日午前8時45分ごろ、大分県別府市の大分自動車道下り線・別府インターチェンジ(IC)付近で、貨物トレーラーが走行中に荷崩れを起こし、積んでいた箱(幅、奥行き、高さ各1.5メートル)14個が片側2車線の路上に落下、中の生サバが一面に散乱した。トレーラーはその後、前方を走っていたトラックに追突したが、けが人などはいなかった。

 県警高速隊などによると、荷崩れの原因は、トレーラーの運転手が前方の道路わきで工事をしていたのに気付き、急ハンドルを切ったためらしい。

 大分道の湯布院−別府間などが一時通行止めとなり、業者らがサバを回収した。【梅山崇】

【関連ニュース】
唐津道路:一般道と勘違いし「赤切符」 佐賀県警
日豊線:貨物列車が脱線、佐伯−延岡で運転見合わせ…宮崎
寒気:九州・山口全域で雪 交通に乱れ
濃霧:九州・山口で観測 交通機関に乱れ
トロッコ列車:北九州市の門司港レトロ地区で試運転

「だて」なだるま作り=仙台〔地域〕(時事通信)
小沢氏、検察と断固闘う=続投を正式表明−民主党大会(時事通信)
始業式に送る途中に車転落、中2と祖父死亡(読売新聞)
<桜井茶臼山古墳>発掘成果紹介の速報展始まる(毎日新聞)
<ハイチ大地震>国際医療救援団体、医師ら派遣(毎日新聞)
[PR]
by 2nt4ennywj | 2010-01-19 06:19