陸山会土地購入、東京地検が大久保被告を聴取(読売新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が2004年に購入した土地を巡る問題で、東京地検特捜部が5日、政治資金規正法違反(不記載など)容疑で刑事告発されている小沢氏の公設第1秘書で、同会の会計責任者だった大久保隆規被告(48)(公判中)から任意で事情聴取したことが、関係者の話でわかった。

 土地の購入代金については同会の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)(民主)が特捜部に「小沢先生から4億円を受け取った」と供述したことが判明。この4億円は同年分の陸山会の政治資金収支報告書に収入として記載されていない。大久保被告は関係者に「土地を購入することは聞いていたが、資金のことは分からない」と話しているといい、特捜部にも同様の説明をしているとみられる。

 一方、特捜部は5日、小沢事務所が受注業者の選定に影響力を持っていたとされる国土交通省発注の胆沢(いさわ)ダム(岩手県奥州市)の関連工事を受注した大手ゼネコン「鹿島」や「大成建設」の東北支店元幹部らからも事情聴取を始めた。

けんじのブログ
最新記事満載ブログ
ライブチャット
クレジットカード現金化
競馬サイト
[PR]
by 2nt4ennywj | 2010-01-12 10:28