懲戒免の元奈良市職員給与、回収1年以上滞る(読売新聞)

 奈良市環境清美部の元職員の男性(46)(懲戒免職)が不自然な病気休暇を繰り返したとして、市が休暇中に支払った5年10か月分の給与約2300万円の返還を求めている問題で、回収が1年以上滞っていることがわかった。

 回収できたのは2%余りにすぎず、市は「財産や給与などの収入がなく、現時点でこれ以上の回収は困難」としている。

 市によると、元職員は2001年1月〜06年10月、虚偽の診断書を繰り返し提出し、この間に10日しか出勤していないのに給与など約2300万円をだまし取ったとして、市が返還を求めて地裁に提訴。07年7月に市が勝訴した。

 これまでの回収額は、預貯金2299円や、税務署から返還を受けた所得税など計53万5604円。利息が増加しており、現在の請求額は約2800万円で、毎年約100万円増える。

 本人名義の財産はなく、判決以降、新たな所得がないため、給与差し押さえなどは不可能で、市人事課は「今後収入があれば、差し押さえられるが期待はできない」としている。

かねいちのブログ
はるみのブログ
債務整理
ショッピング枠現金化
ショッピング枠現金化
[PR]
by 2nt4ennywj | 2010-01-07 17:53