「誰でもよかった」パチンコ店で男性刺し死なす(読売新聞)

 25日午後9時頃、大阪市旭区千林のパチンコ店「パーラー千林」の店内にいた女性から、「男性が血を流している」と110番があった。

 男性は首などを刃物で切られており、死亡した。旭署員が駆けつけたところ、店先に座り込んでいた同区今市の自称無職小西英雄容疑者(35)が「自分が刺した」と認めたため、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。容疑を殺人に切り替えて調べる。

 発表によると、死亡したのは客の同区今市、津田智久さん(43)とみられ、遊技中にいきなり小型ナイフで切りつけられた。小西容疑者は調べに、「男性と面識はなく、生きるのが嫌になった。誰でもよかった」と供述しているという。

<囲碁>史上最年少棋士の藤沢初段黒星デビュー(毎日新聞)
辺野古周辺「正しい決断」…米国務長官(読売新聞)
エン・ジャパン情報流出を謝罪 新卒採用システムが丸見え(J-CASTニュース)
学校の弓・矢160点窃盗、大学生ら6人書類送検 兵庫・三田(産経新聞)
カビ・クモで会場変更の仏像展、国宝お目見え(読売新聞)
[PR]
by 2nt4ennywj | 2010-05-27 18:49