新党に閣僚冷ややか、亀井郵政相「きょとーん」(読売新聞)

 無所属の平沼赳夫・元経済産業相と自民党に離党届を提出した与謝野馨・元財務相らが結成を目指す新党について、6日午前の閣議後の記者会見で、閣僚から冷ややかな声が相次いだ。

 菅副総理は「与謝野さんは比較的リベラルな人だと思うが、平沼さんはちょっと違う路線じゃないか。一緒になるのは大変だろう」と指摘した。昨年秋、平沼氏との合流を模索した亀井郵政改革相も「(平沼氏とは)郵政民営化反対で同一歩調をとってきたし、お互いに積極財政派でもあったから、与謝野さんとは逆の立場だ。きょとーんとしている」と皮肉った。

 前原国土交通相は新党との連携を否定したうえで、「これから恐らく雨後の竹の子のように新党が出来てくるのではないか」と述べ、参院選前に政界が流動化する可能性を指摘した。

 自民党離党組の北沢防衛相は「自民党との決別の総括はしっかりやるべきで、求めるべき国の形がはっきりしないと新党運動はなかなか成功しない」と述べた。

橋下発言に抗議メール400件 わいせつ漫画規制(産経新聞)
増える帰化、民団の「組織維持目標」か(産経新聞)
答申無視の派遣法改正、労政審が異例の抗議へ(読売新聞)
首相、中井氏の問題、「二度とこのようなことがないよう」(産経新聞)
子ども手当「外国人に590人分支給」 「まったくのデマ」で騒ぎに(J-CASTニュース)
[PR]
by 2nt4ennywj | 2010-04-07 23:11